お金がもたらす生活設定のストレス


なやみ

「2014年サラリーマンのお小遣い調査」
(新生フィナンシャル調べ)によると、
男性会社員の昼食代の平均は541円。
また、持参弁当が一番多く、なんと全体の
32.5%を占めています。次いで23.9%が購入した弁当。
多くのサラリーマンが、
昼食をお弁当にして倹約をしているようです。

自由にお金をつかえた独身時代から一転
妻の財布チェックが厳しい

ストレスのない人なんていないと思いますが
独身時代が懐かしい・・財布は自由だったあの頃

結婚したら家計のやりくりを妻と相談しながら
自分の小遣いが決まる・・共働きのうちは不満が

無いが子供が欲しいとなると、それ相当の計画を
立てながら生活していく、まぁそれが家庭を持つ

夫婦の当たり前の事ですね・・

将来を見据えて相談・・・もし旦那が営業職だったら
当然今後の付き合いを考える・・これが第一歩~~

前年比で2000円近い下げ
2015年のサラリーマンこづかい事情(2015年)(最新)

日本の就労者の就業職種のうち少なからぬ割合を
占めるサラリーマンにおける生活様式は、

それらの人々自身はもちろん、日本の社会全体の状況を
推し量る一つのバロメーターになる。新生銀行では毎年1回、

このサラリーマン(など)の日常生活に関する調査
「サラリーマンのお小遣い調査」を行い、その結果を報告書として

発表している。
今回はその最新版にあたる、2015年6月29日に発表した

「2015年サラリーマンのお小遣い調査」の結果を元に、直近、
そして近年におけるサラリーマンの小遣い事情を確認していくことにする

(【発表リリース:男性会社員のお小遣いは過去2番目に低い金額-
「2015年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)

ストレス0
若年層が増え、中堅層以降が減ったサラリーマンのおこづかい
今調査は2015年4月15日から17日にインターネット経由で

行われたもので、有効回答数は2353人。男女正規就業者に加え、
男女パート・アルバイト就業者も含む。公開資料で多分を占める

会社員(正社員以外に契約・派遣社員も含む)は男性1048人・女性789人。
世代構成比は20代から50代まで10歳区切りでほぼ均等割り当て。

未婚・既婚比は男性が44.0対56.0、女性は64.5対35.5。なお今調査は
1979年からほぼ定点観測的に行われているが、

毎年同じ人物を調査しているわけではないことに注意。

ストレス001

 

全体としては前年の増額傾向から転じて減額、
マイナス1930円の3万7642円。

後程中長期的なグラフを掲載するが、調査の限りでは2011年以降は
ほぼ横ばいを維持し、その中でいくぶんの下げを示したことを受け、

1979年の調査開始以降では1982年の3万4100円に次ぐ低い値となった。

ストレス003

 

しっかり者の妻に家計を握られている夫。
小遣いの少ないことだけは同僚に知られたくない

夫のお小遣い事情!相場の平均はいくら?年収の何割が妥当 …
各家庭では違いますが物価の高い大都市などの人は地方と

多少の格差があるとおもいますが、大変な時代になっています

ストレス002

予想外の収入が入ったらの使いかた(希望)

1日に300円の節約をすると、1カ月で9000円になります。
一度で9000円の節約はハードルが高いものです。

毎日の習慣を変えて、ストレスなく1日数百円の節約を考えなくては
ならないのですね・・( 😥 )

毎日使うお金といえば、昼食やコーヒーなどの飲み物ではないでしょうか?
喫煙者なら、たばこの費用もあるでしょう。これらの利用を少し工夫して節約を

いやぁーもう考えたくありませんね~近年結婚年齢が遅くなっているのは
この辺の事情があるのでしょうか?上司を見て自分と合わせて考える?

駄目ですね~ストレスだらけ~お金ではないけれど?やっぱりお金==
若い人はちょっと視点をズラして下さいね==

まとめとしては・・・

なんだかんだ言っても足りないものは
足りないんだ!という皆さん…

稼ぎましょう!努めている会社が副業禁止の場合は
注意が必要ですが、足りないなら稼ぐしかない!

稼ぐ手段はたくさんあると思います。

やる気になるかならないか!努力できるかできないか!

あなた次第なんです~~

 



コメントを残す


七 × 2 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ