「ストレス」・・・自信喪失がもたらす症状


 

悩み3
自信に満ち溢れ、エネルギッシュに毎日を過ごしていた人は

一度の失敗で天から地にたたきつけられた時の感情って今後に

どのように響くのでしょうか?

自信過剰な人達、単なるその人個々の性格的な問題や性別の違い

など色々と理由はあるでしょうが、どこかに共通した部分を

持っているような気がしますね・・

一番最初に思いつくのは「気分の転換」

イライラしたり嫌な気分に陥るストレスな状態に

なった時そこから脱出するにはその原因となった

引き金を考える~~以前受けた屈辱を思い起こす。

怒りを思い起こすのではなくそれを転換していくが

ストレスを癒やすのには一番必要なんですね・・

そんな事は分かっているけれど、出来ないのが凡人

ですよね~

もし相手(上司)を意識するのであれば怒りを相手に向けたり

自分が罪の意識を感じるときは交感神経が緊張して全身に影響を

及ぼすらしいです。

ではどう転換してストレスを癒やすのか?

 

予期不安のワナから脱出する

ストレスによる症状の多くはまた症状が起きるのでは

ないかとという不安=それは自分の弱さではない~

それは自分のイマジネーションが豊かだということを意味している

予期不安が起こった時そのイメージを転換してみる~

目を閉じて次のイメージを浮かべる・・・

* 明るいもの

* 手の先、指の先を暖かく包むもの

* ふかふかのネコのしっぽなど

* きらきら光る波

* 心地よくくつろげる場所

* 旅行してみたい土地

このような肯定的なイメージワークを行っていると、

交感神経の緊張は静まってくるはず~~

ちょつと自分に当てはめてもそんな余裕はないですね!

ストレスのごく一部を書きましたが本当に数えきれない

ストレス的(内容ですね)

最後にこんな話も===

自信過剰 は成功につながりますが自信過剰は

失敗したときにかなり凹むのです。これは、

全く の自信喪失の人が自身に暗示をかけるときに

大げさなくらい気持ちを高めます。

ストレス1

これは本当でしょうか?

 

コメントを残す


9 − 七 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ